校正マスター:計測機器・測定器の校正ならレックス
校正マスター:初めての方へ
校正マスター:ご利用ガイド
校正マスター:お問合せ
ガス検知器特集

こちらでは温湿度計の校正についての知識や校正の流れをご紹介します。
また、ポケットサイズ温湿度計 HN-CHNRを例に校正に掛かる金額をシミュレーションしています。

温湿度計の校正に関して

校正マスターの温度・湿度計の校正では、基準器と恒温槽を用いた比較校正を行っております。

比較校正のメリットとして挙げられることは、任意温度での校正が可能になることにあります。しかしながら、校正の不確かさが大きくなる可能性があるというデメリットも挙げられます。
校正マスターでは、恒温槽内の温度、湿度の安定性の分析、温度、湿度の分布特性を分析することで上記のデメリットポイントを可能な限り小さくするということを日々行っております。
この様な取り組みを行うことでより正確な温度、湿度の校正を行うことに努めています。

温湿度計校正の目安

温度・湿度計は、使用用途の目的によって校正周期が定められている場合がありますが、自主管理によって温湿度計を使用している場合は特に決められた周期はありません。
しかしながら、使用環境によって温度・湿度計のセンサーは日々状態が変動しているので定期的な校正が必要になります。
弊社では、様々な温度・湿度計の校正を行った実績から「1年」の校正周期が推奨の周期として考えております

※お持ちの機器のセンサー仕様や測定方法によって、校正周期は変動致しますので校正結果等から最適な周期を定めることをお勧めいたします。

温湿度計に関する校正範囲

校正マスターでの温湿度計の校正は、以下の通りです。

温度:-20~95℃間の3ポイント
湿度:30~95%RH間の3ポイント

温度、湿度の校正ポイントは任意のポイントからご指定可能です。
※温度:0℃、25℃、45℃の3ポイント 湿度:30%RH、50%RH、70%RHの3ポイントにて対応させて頂きます。

温度・湿度3ポイントが基本となりますが、納期短縮等の場合はポイント数を変更させて頂く場合がございます。
※温度校正のみの場合、校正ポイントの減少での金額変更はございません。
※納期は台数によって変動しますので、別途ご相談とさせて頂きます。

校正証明書・試験成績書・トレーサビリティ体系図サンプル

校正の流れ

お客様からお預かりした温湿度計が、どういう風に点検・校正され、再びお客様のお手元に届くまでの流れを、ポケットサイズ温湿度計 HN-CHNRの例で見てみましょう!

ポケットサイズ温湿度計 HN-CHNRの校正:お客様から機材が到着します

Step.1 ポケットサイズ温湿度計 HN-CHNRが到着


お客様から校正・修理のご依頼を受けたポケットサイズ温湿度計 HN-CHNRが到着します。

ポケットサイズ温湿度計 HN-CHNRの校正::お客様から届いた機材を点検します

Step.2 点検


到着した機器が正常に動作するかをこちらで確認させていただきます。
この時に、正常な校正が可能かどうか、又は修理が必要か否かを判断します。
校正作業を行う前にこの点検作業を行うことで校正作業を行うことが可能となります。

ポケットサイズ温湿度計 HN-CHNRの校正::お客様から届いた機材を校正します

Step.3 校正


点検作業が完了したところで、いよいよ校正作業を始めます。
機器の仕様によって温度、湿度の校正を行います。
校正証明書類の作成は、この校正作業が完了後に行います。

校正証明書類サンプルはこちら
ポケットサイズ温湿度計 HN-CHNRの校正::校正が終わった機材を出荷します

Step.4 機材出荷・納品


校正作業、校正証明書類の発行が完了した機材には、次回校正日を記載している校正済シールを貼付します。
※もちろんこちらで校正期間の管理を致しておりますのでご安心下さい!
全ての工程が完了した機材をお客様のもとに返却させていただきます。

校正の金額

校正するのにどんなお金がかかるの?という質問をよくお問合せいただきます。当社では、校正コースでは、トレーサビリティー体系図に基づいて、国家標準にトレースした標準機で校正を行います。

校正証明書、試験成績書、トレーサビリティー体系図の書類発行も致します。

ポケットサイズ温湿度計 HN-CHNRの校正の金額は・・11,000円!!

  • HN-CHNR 校正費 6,000円
  • 書類発行費 5,000円

※ 消費税と送料は含まれておりません。

校正項目と校正範囲

項目 校正範囲
温度値 -20~95℃間の3ポイント
湿度値 35~95%間の3ポイント

【特集】 サーモクロンSLタイプ (KNラボラトリーズ)

校正マスターでは、温度データロガー「サーモクロンSLタイプ」の校正を行っております。

校正内容

温度:任意の校正温度を3ポイントご指定頂けます。

※ご指定のポイントがなければ、温度:0℃、25℃、45℃の3ポイントにてご対応させて頂きます。
※温度ポイントを追加する場合は、別途費用が発生致します。
※温度3ポイントが基本となりますが、納期短縮等の場合はポイント数を変更させて頂く場合がございます。

校正マスターでは、KNラボラトリーズの各種製品の校正対応を承っております。

対応製品一例

  • サーモクロンSLタイプ
  • サーモクロンGタイプ
  • ハイグロクロン

他にも対応しておりますので、お問合せください。

サーモクロンシリーズの校正についてのよくある質問

サーモクロンシリーズの校正について、よくお問合せいただく質問をまとめました。

校正依頼の際に通信用のUSBケーブルも一緒に送る必要はありますか?

弊社にて通信用のUSBケーブルを所有しているので校正の際にお送りいただく必要はございません。
尚、通信ケーブルによって校正値に影響はありませんのでご安心ください。

校正依頼の際にパソコンも一緒に送る必要はありますか?

弊社所有のパソコンにて校正を行いますので、お送りいただく必要はございません。
また、弊社を通じて他業者様に校正のご依頼をされる際においても弊社にてパソコンを用意することは可能です。
※尚、こちらに関しては事前にご相談願います。

校正可能な温湿度計一覧はこちら

弊社では様々な種類の温湿度計校正を承っております。実績は下記ボタンよりご確認ください。
また本サイトに記載のない型式も校正可能かお調べいたしますので、お気軽にご相談ください。